キミの一歩が未来を変える!

My Project
mypro mypro mypro
エントリーする

mypro mypro
News
Facilitator
             mypro

宮崎 芳史

NIIGATAマイプロ実行委員長/みらいずworks・新潟県高校教諭

 

新潟県で高校教員をしながら、みらいずworksの一員としてNIIGATAマイプロジェクト☆LABOの実行委員長を務める。早稲田大学で環境サークルを立ち上げた経験や地域活性化を志して入社した旅行会社での経験を活かし、佐渡中等教育学校で地域の同志たちとともに取り組んだ「佐渡を豊かにする中等生PROJECT」は、参加生徒が新潟県で初めてマイプロジェクトアワード全国Summitに出場。また、地域活性化策コンテスト「田舎力甲子園」では最優秀賞を受賞して日本一となった。地域活性化と生徒の成長につながったこの取り組みはグッドデザイン賞、ふるさとづくり大賞、キャリア教育文部科学大臣表彰を受賞した。

   

マイプロへの挑戦が、
「人生変える」「新潟を変える」「社会を変える」きっかけとなる!

湧き出る好奇心・使命感を原動力に、地域・社会を巻き込み、アクション実現へ突き進め!

マイプロの原動力は誰もが持っているジブンゴトの想いです。あなたが持っているWILL・WANT(関心・好奇心・好きなもの・欲しいもの)、NEED・PAIN(社会課題・身近な課題・誰かの痛み・困りごと・違和感)を大事にしてください。そんなあなたの想いが、地域・社会の大人を惹き付け、巻き込み、アクション実現へとつながります。

“NIIGATA”を舞台に実践型探究“マイプロ”で未来を創る力を身につけよう!

アクション・探究・振り返りを通じて、自分自身が進化・成長していくことでマイプロはどんどん前に進んでいきます。その進化は、マイプロの実現だけでは終わらず、自分と社会の未来へもつながっていきます。激変・激動の時代と言われる現代。AI時代の人材に求められる、主体性・協働性・探究性・創造性を身につけて、自分の人生・新潟の未来・社会を変える人となれ!「ACTIVE」「ACTION」「CREATIVE」「CHANGE」「CHALLENGE」「COLLABOLATION」、こんなキーワードに惹かれる高校生を持っています。

さあ、マイプロに挑戦しよう。

自分の人生を創るのは、他の誰でもなく、あなた自身です。そして、これからの未来社会を創っていくのもあなたです。熱くなったっていい、とことん冷静に分析したっていい、ひたすら突き進んだっていい、壁にぶつかったっていい。自分から、自分らしく、社会を変えるマイプロへの挑戦を始めよう!

Special Adviser
mypro              

小見 まいこ

             

みらいずworks 代表

新潟市生まれ。若者の離職やニート・フリーター等の社会問題に問題意識を持ち始め、2009年に 「学校に ファシリテーション、ファシリテーショングラフィックを導入するプロジェクト」を開始、 その後「にいがた ファシリテーション授業研究会」へと発展し、初代代表になる。同時期に「キャ リア教育が日本を救う」とい う言葉に出会い、子どもと社会をつなぎ、子どもの自立を促すキャリア 教育の支援を始める。日本の、新潟の 教育と本気で向き合いたいと、2012年4月に「みらいず works」 を設立した。その後 2016 年に NPO 法人と なる。認定キャリア教育コーディネーター。文部科学省 コミュティ・スクール推進員「CS マイスター」

mypro              

山本 一輝

Idea partners 代表 プランニングディレクター・キャリアコンサルタント/Inquiry合同会社 founder,CEO

新潟市出身。小学校でいじめ、中学校で3年間の不登校を経験。その後定時制高校経て大学へ進学し、教育心理学を専攻。就職後、東日本大震災を仙台で経験し、自らの命の使い 方を考え転職を決意。リクルートへ入社後、東北にて大学・専門学校の後方や組織活性の支援、高校の進路講演講師を務める。仕事の傍らこれまでの経験を生かし、プロボノと して東北でのまちづくり活動や被災地域の若者のキャリア教育に携わる。2016年、ひとのつながりと可能性をデザインする企画会社Ideapartnersを創業。現在は教育・人材育成 と持続的な社会づくりをテーマに、人材育成や組織開発の企画やプロジェクトのマネジメント、キャリアに関する研修・講演、地域振興企画のプランニング、NPOの運営アドバイ ザー、ワークショップデザインなど幅広い分野で活動。

Adviser
mypro              

石本 貴之

             

有限責任事業組合まぢラボ研究員/ワークショプデザイナー/
一般社団法人全国コミュニティ財団協会 事務局長 

滋賀県立大学大学院環境科学研究科を卒業後、民間調査会社、環境省の情報拠点「地球環境パートナーシッププラザ」を経て、2014年に新潟県に移住し、持続可能な地域づくり(ロー カル SDGs)のための調査研究やコンサルティング、事業コーディネートに取り組む。「Nothing About us without us」を大切に、プロセスへの支援を心がける。新潟大学非常勤講師 として、1・2 年生を対象としたキャリアプログラム「新潟産業フィールドワーク」を担当している。 事業創造大学院大学 新潟地域活性化研究所 客員研究員、(一財)生涯学習開発 財団「認定ワークショッデザイナー」、「2030 SDGs」&「SDGs de 地方創生」公認ファシリテーターなど。

mypro              

伊藤 龍史

新潟大学 経済科学部 准教授

1980年福岡市生まれ。福岡県立修猷館高校卒業、早稲田大学卒業後、早稲田大学大学院商学研究科修士課程・博士後期課程、早稲田大学産業経営研究所助手を経て、2009年新潟大学経済学部・大学院現代社会文化研究科講師。14年同准教授。20年、改組に伴い経済科学部准教授。サンノゼ州立大学(カリフォルニア州立大学サンノゼ校)ビジネススクール(マーケティング・意思決定科学領域)客員研究員(2012年から2013年)、ソウル科学技術大学招聘副教授(2014年)など。専門分野は、アントレプレナー的経営戦略論(Entrepreneurial Strategy)、アントレプレナー的マーケティング論(Entrepreneurial Marketing)、およびアントレプレナーシップ論(Entrepreneurship)新潟ベンチャー協会(NVA)理事、にいがた産業創造機構(NICO)理事、新潟雇用労働相談センター (NIKORO)運営協議会委員、新潟ベンチャーキャピタルアカデミック・アドバイザー。新潟大学経済科学部の「伊藤ゼミ」において、アントレプレナーシップ教育および企業コラボレーションを実施し、起業家の輩出、マーケッターや戦略家の育成、コラボ提案の実現を通じた企業の活性化などを目指している。伊藤研究室では、新潟のスタートアップエコシステムの震源地となるべく、多様な学生などが活動することのできる「ベンチャリング・ラボ」も運営中。

mypro              

伊藤 治仁

新発田市職員/学習支援組織「しばた寺子屋」塾長

新発田市出身。1984年生まれ。 大学進学を機に県外へ移住するも、新発田市役所への転職を機に、2014年、地元・新発田へUターン。 市の職員として働く傍ら、プライベートではにいがた総踊り祭りの運営に携わる。 また、起業体験イベント「Startup Weekend Niigata in Shibata」や地域課題解決型イベント 「OMO Shibata」を新発田市内で勝手に開催する。
2021年5月から、母子家庭のお子さんを対象とした無料塾「しばた寺子屋」を立ち上げる。 趣味は読書と自己啓発。最近、高校生のマイプロ活動に興味を持つ。 妻(専業主婦)とネコ(自宅警備員)との三人暮らし。

mypro              

小林 紘大

コウダイ企画室/フリーランス建築士/コミュニティーデザイナー

新潟市内の工務店にて住宅設計の仕事をしながら、2016 年よりグリーンホームズ入居を機に、コミュニティマ ネージャー活動を開始。「楽しい暮らしは自分でつくる。」を実践中。月刊「ソトコト」2017 年 9 月「新しい住 宅のカタチ」に特集。新潟市内でのエリアリノベーション活動にも積極的に取り組んでいる。2019 年 2 月より 「コウダイ企画室。」として独立。(「コウダイ企画室。」について:「心地よい暮らし」を実現するためには、住 宅の快適さに加え、日常を送る場=まちの在り方が重要です。誰もが未来のまちを思い描き、地域と関わりあ い、共創する「場づくり」がコウダイ企画室。の使命。「『楽しい』をみんなでつくる」をモットーに、「建築」 「暮らし」「つながり」「文化」の 4 つの方向性からハッピーな場を生み出していきます。まちの課題を「楽し い」に変えるアイディア、一緒に実現してみませんか。)

mypro              

高橋 智計

             

ビジネスフリーランス

1982年新潟県胎内市生まれ。湯沢町在住。 株式会社小学館プロダクション(現小学館集英社プロダクション)にて 雑誌、玩具、ゲーム関連のイベント企画・制作を担当。その後、新潟県庁に入庁。広報広聴課で新潟県公式ポータルサイト「新潟のつかいかた」 の立ち上げに携わる。 2019年6月にフラー株式会社に入社。アプリデータ分析のSaaSツール、「App Ape」のカスタマーサクセス、自治体のウェブ制作、SNS運用のセールスなどを担当。 2020年11月11日より、プロジェクト型の業務委託をメインとするビジネスフリーランスとして独立。 2021年4月からは「ほぐしの名人 十日町店」の共同オーナーとして、フランチャイズの店舗経営にも携わる。 また、空き家となった実家の未利用農地を、新潟食料農業大学の生徒たちとともに活用し、高橋家オリジナル品種の枝豆を学生が育成するというシェアファームの取り組みを始めた。 メディア出演多数。 趣味は旅で、125ccのバイクで日本一周、 海外14ヶ国への渡航経験あり。 新潟の好きなところは、とんがるやつが少ないから、良くも悪くも目立つこと。

mypro              

福井 厚

一般社団法人 新潟県企業支援センターClip長岡 CDO

柏崎市出身。前職の株式会社ブルボンではパッケージデザインやブランディングを担当、『プチシリーズ』や 『アルフォート』などを手掛ける。また仕事の傍ら、中高校生向けのキャリアデザインの出前授業「Y・Y Project」 を立ち上げ、仕事の楽しさ、大切さを通したシビックプライドの醸成の授業を行う。また起業体験ができる 『Startup weekend』に参加、開催する中で起業について興味を持ち、現職の新潟県起業支援センターに転職。 主に起業したい人を応援するためのデザイン作成、ブランディングを行なっている。『できない理由を考える より、できる理由を考えたい』をモットーに前向きな意見交換やアイディアで問題解決や関係性の構築を目指 している。

             mypro              

桝潟 晃広

             

新潟県庁

1981年新潟県長岡市生まれ。 2008年新潟県庁入庁。 2019年4月に県庁有志と新潟公民連携推進プロジェクトを結成し、 インプットとインフォーマルなネットワークを築くための勉強会 「公民連携ミーティング」を月1で開催。その結実として、同年8月に 「県庁前ナイトマルシェ」、12月に「クリスマスマーケット@県庁の森」 を開催。これらの社会実験結果を政策提案として知事にプレゼン。 「beyond the boundary!境界を飛び越えろ!」を合言葉に、 自分の暮らしと子ども達の未来づくりのため、県庁職員としてだけなく、 町内子ども会役員、地域の神輿会役員など、様々な領域やレイヤーを 横断し活動を続ける。 趣味は、屋外で食事を楽しむ「ソトメシ」。 妻と小3男子、年長女子の4人家族。

             mypro

増山 和秀

株式会社Fill 代表

WEBサービスや広告などの企画・制作に長年携わった後、 デザインコンサルティング会社を設立。人間中心の観点から 新規事業開発、組織づくり、地域づくりの支援を行なっている。
2019年度に新潟県で初めてマイプロ全国Summitに出場した 佐渡中等教育学校・『佐渡を豊かにする「中等生PROJECT」』の プログラムデザインを2017年の立ち上げから支援し、生徒への アドバイス・コーチング・ワークショップにも3年にわたって、 協力してきた。

         
     
             mypro              

山本 竜也

一般財団法人つわの学びみらい事務局次長/島根県立津和野高等学校 高校魅力化コーディネーター

1988年柏崎市生まれ。新潟県立長岡高等学校卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学院修了後、島根県津和野町に移住し、町営英語塾HANKOH立ち上げの任に当たる(地域おこし協力隊、町長付)。2017年より島根県立津和野高等学校の高校魅力化コーディネーターへ着任。マイプロジェクト支援、進路サポート、学校設定科目立ち上げ、広報戦略策定と実装等に関わる。2021年より、津和野町が100%出資で立ち上げた、教育魅力化および地方創生に資する活動を行う「一般財団法人つわの学びみらい」事務局次長を兼務。さらに、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、島根県教育委員会特別非常勤講師、NPO法人bootopia副代表理事等としても活動。島根県内や全国のコーディネーター養成等についても様々な形で関わる。
高校生のマイプロジェクトに関わる部分では、魅力化コーディネーターとして、全国高校生マイプロジェクトアワード全国Summit2017でベストラーニング賞受賞の高校生伴走・サポートや全国Summit2020招待者の伴走・サポートを行った。また、島根県全体でのマイプロジェクト関連の企画・運営・司会等にも2018年より従事すると共に、全国Summit2019、2020でファシリテーターも務めている。

             mypro              

室田 雅貴

株式会社Riparia 代表取締役 CEO 室田雅貴

1995年、群馬県前橋市出身。群馬県立前橋高校、新潟大学工学部、同大学院卒業。 大学院在籍中の令和元年に株式会社Ripariaを創業した学生起業家。 2020年ヤフー株式会社へエンジニアとして就職するも、本業に専念するため退職し新潟にRターン。 NPO法人ETIC.のMakers University4期生。アルビレックス新潟オフィシャルクラブパートナー。新潟県の企業と都会で働く人とのマッチングサービス「ともるい」を展開。どこでも暮らせる社会の実現を目指している。

   
       
主催
     miraiz

NIIGATAマイプロジェクトLABO

       
主催
venturinglabo
       
後援
mypro
エントリーする
お問い合わせ