Niigata Myproject

NIIGATAマイプロのファシリテーターより

宮崎 芳史

NIIGATAマイプロ実行委員長/みらいずworks・新潟県高校教諭

『人生の舵を取れ』~新潟の未来を創るムーブメントがここから始まる!~

受け身の高校生が目立つ印象だった新潟県に大きな変化が起こり始めています。NIIGATAマイプロでは、「自分の未来は自分で創る」、「これからの未来社会も自分の手で創り出す」、そんなふうに感じられるようになっていく高校生たちの変化を肌で感じられるようになってきました。「こんなに自分の想いを語ることができた場は初めてです」「こんなに短期間でここまで成長できるなんて・・・!」「高校生は副業です」「“学生だからできないこと”はない」、そんなふうに語る高校生の姿は誇らしく、尊いです。皆さんも一歩踏み出して、想いをカタチにする挑戦を始めましょう!NIIGATAマイプロを支える豪華な社会人アドバイザー・ファシリテーターと、あなたの周りにいる伴走者が、マイプロを全力でサポートします!ワクワクする新潟の未来を創るムーブメントが、皆さんのマイプロから始まります。

角野 仁美

NIIGATAマイプロ事務局・実行委員/みらいずworks理事

新潟市を拠点に、子ども・学校と地域社会をつなぐ教育支援NPO法人みらいずworksにて「自分から、自分らしく、みんなとともに 社会をつくる人を育てる」をミッションに、日々楽しく活動しています。活動を通して、生徒の皆さんの可能性を心から信じ「もっと高校生が地域社会と繋がりながら、思いっきり自分らしい学びに打ち込める機会・環境をつくりたい」「生徒だけでなく大人も学び、変化しながらしなやかに、ともに未来を創り出したい」と願い、行動する仲間にたくさん出会いました。そんな先生たちや民間、行政、大学生、多様な立場の人々とともにチームをつくり、NIIGATA高校生マイプロジェクト☆LABO実行委員会を立ち上げ、運営しています。岐阜県出身で元々教員志望だった私は、高校時代に多様な人と出会い関わる中で、自分を深く見つめ「私は、子どもを取り巻く学びの環境を豊かにしていきたい」とマイプロの種に気づき、水をやり続けることができました。10年経った今、NIIGATAマイプロをつくり、支える輪を広げていくことが、私のマイプロジェクトです。1人でも多くの高校生に、自分らしい歩みがはじまる温かな出会いと勇気を届けられますように。失敗したもの勝ち!と思って、恥ずかしさもワクワク感も丸ごと大切にして、是非ともに一歩ふみ出して動いてみよう♪

及川真央

NIIGATAマイプロ事務局・実行委員/阿賀黎明高校魅力化プロジェクト一般社団法人 RaiseyourFlag

福岡県出身で九州マイプロの運営をしているNPO法人ピープラスでボランティアをしていたこともあり、マイプロジェクトは非常に身近なものでした。自分の想いを涙ながらに語る高校生。「仲間と一緒だからやれました」と顔を見合わせて語る高校生。「私がやらなきゃいけないんです」と熱く語る高校生。その場を全力で楽しみ、全力で悔しがり、全力で分かち合う。僕が知っている、勉強や部活動でしか見たことがない、本気の姿がマイプロにはありました。いつか本気の高校生の本気に伴走したい。そんな中、新潟に移住して阿賀黎明高校魅力化PJに参画し高校生に伴走し、今年度からはNIIGATAマイプロの事務局として高校生の支援を行うことになりました。僕のNIIGATAマイプロでの願いは一人でも多くの高校生が本気でマイプロジェクトに臨める体制を新潟県全域で創ることです。高校生がいかに本気で想いを持っていても、想いを行動に移すのは簡単な事ではありません。想いを受け止める存在、応援する存在、一緒に考えてアドバイスをする存在、すなわち、さまざまな学生や社会人、そして共に取り組む仲間の存在が必要です。だからこそマイプロジェクトに参加すれば自分がやりたいこと、社会に必要だと思うことを、実現するための仲間と出逢えて、自分の本気をぶつけられる。そんな場所をここから始めていきたいです。

赤塚琳

NIIGATAマイプロ事務局 /みらいずworks 学生スタッフ・新潟大学

マイプロを通して自分のやりたいことに取り組み、発表し、イキイキと成長していく高校生に驚き、大きな可能性を感じて、学生ファシリとして関わらせてもらっています。僕自身は、「自分も周りもイキイキさせたい」という軸を持って活動していて、「どうしたら人が自分のやりたいことに向かってイキイキと生きることができるのか?」という問いに常に向き合っています。そしてこの「マイプロをやっていくこと」は僕にとってその問いへの一つの答えです。東京出身の僕の高校時代は、勉強と部活しか選択肢を知らず、正気のない顔をした大人たちであふれる満員電車に毎日揺られ、「将来自分もこんな風に辛そうに生きなけらばならないのかな…」と未来に希望を持てずにいました。そんな僕にとっては、こんなに面白いことに挑戦でき、自分の未来を自分で切り拓いていける高校生たちがうらやましくて仕方ないです。「自分の力を試してみたい」「何かしたいけどどうしたら良いか分からない」「現状に満足できない」など、どんな小さな想いでも、なにかある人はぜひ一歩踏み出してみてください。皆さんの少し先輩である大学生ファシリや、経験豊富な社会人アドバイザー達が全力でサポートします!!

学生ファシリテーターより

 

所属:北九州市立大学外国語学部

名前:あひる

一言:「こんな高校時代を過ごせたら」と思うことはありますか?今より楽しく、好きを追求したい、もっと変わればいいのに、これ出来たらいいな……。それを自分で掴むのがマイプロです。私は不登校生が集まる場づくりを3年間行っていました。新しい仲間ができ、学びたいことができ、知らなかったことに出会えました。自分で何かを創り出すことで皆さんの世界が広がっていくと思います。私も皆さんのマイプロからたくさん学びたいです!楽しみましょ~♪

所属:千葉商科大学サービス創造学部

名前:あやか

一言:私は高校生の時に田舎の高校生も都会の高校生と同じようなキラキラした休日を過ごせるように、佐渡ヶ島にあるオシャレなカフェを1箇所に集めたカフェイベントを開催しました。今まで私は地元には何も無いと思っていましたがそうではなく「自分が探そうとしていなかった」だけでした。そのような大切な気づきもマイプロを通して得ることが出来ました。 マイプロは自分と向き合うのに絶好の機会だと思います。何かやりたいけど迷ってる高校生、進路に悩んでる高校生、ぜひマイプロに参加してみてください!

所属:関西大学文学部

名前:いけしお

一言:私自身も高校生の時に、島根県で「大人と高校生が対話する機会を学校でつくる」というマイプロジェクトをやっていました。私にとってのマイプロは人と話すことで、新しい気づきがあったり、自分について見つめなおしたりできるような、素敵な経験した。 今は大学生になりましたが、ずっとマイプロに関わりたい!私も高校生と一緒に学び・考えていきたいなという思いで、参加させてもらっています。 高校生の皆さんには、勇気をもって一歩踏み出せばしてみてほしいです!!今しかできない経験がここにはあります。

所属:新潟大学経済科学部

名前:さき

一言:私は、高校時代フィリピンのスラム街に行ったことをきっかけに、同世代の女の子達の売春問題とそれによって、子ども達にまで蔓延しているHIV感染に問題意識をもち、現地での性教育活動と新たな職の選択肢を増やす自転車タクシーの貸し出しを行なってきました。その社会課題でマイプロにも出場した経験があり、私にとってマイプロは、自分の居場所であり、自分への自信をもつことができるようなきっかけを与えてくれました。 その時の経験・言語化できた想いが大学生になった今にも繋がっています。何もなくても、何者かになりたいと思っている高校生はぜひ、マイプロ新潟へと一歩踏み出してみてください。きっと見える視野の範囲が広がります!待っています〜!

所属:神奈川大学経済学部

名前:ふみか

一言:私も高校生のとき経験しましたが、マイプロは自分のやりたい!を口にして周りを巻き込み実現していく場だと思ってます。 「海でお祭りがしたい」そこから始まった私のマイプロが徐々に拡大して仲間や地域の人と関わっていったあの時は大変だったけれど、やりたいことに夢中になって学べる時間でした。 次は皆さんが台風の目となって自分やりたいことを形にしていく番です。 皆さん、なんとなくやってみたいと思ったら始め時です。一歩踏み出してたくさんの経験をしてみましょう! その先に繋がるモノに出逢えるチャンスです!

所属:新潟県立新潟南高校

名前:みゆ

一言:新潟マイプロで唯一の高校生ファシリです。初めてマイプロの活動に参加させていただいたときに受けた、「高校生ってこんなことも出来るの!?」という衝撃は忘れられません。同じ高校生の私は、マイプロを進めている高校生の皆さんがどんどん生き生きと成長していく姿に刺激をもらっています。”高校生に出来ないことはない!”何か変えたいこと、やってみたいことなど強い気持ちがある高校生の皆さん!ぜひチャレンジしてみてください。マイプロでのアオハルも楽しいです!!

所属:新潟県立大学国際地域学部

名前:みのり

一言:私は地元の佐渡ヶ島を内側から元気にするために、帽子や小物等を作製して島内の高齢者施設でファッションショーを開催しました。ファッションショーでおじいちゃんやおばあちゃんが見せてくれた笑顔は忘れられません! 私はプロジェクトを通して、「自分にも出来ることがある」という気づきを得て、自信を持つことが出来ました。みなさんも、是非プロジェクトを通して、新しい発見をしてみませんか?